マゼランペンギンとは

5-12
マゼランペンギン(学名:Spheniscus magellanicus)は、フンボルトペンギン属に属するペンギンです。
別名はジャッカスペンギン。
体長約70cm、体重約3.8kgでペンギンの中では中型です。

南アメリカの太平洋岸(チリの南緯42度地点からホーン岬まで)と大西洋岸(南緯29度地点からフエゴ島まで)で繁殖します。
フォークランド諸島でも繁殖が確認されています。非繁殖期は外洋を回遊しており、ペルー沖やブラジル南方沖で観察されることもあります。

繁殖地は主に南アメリカの大西洋岸および太平洋岸。
保護区となっているアルゼンチンのプンタ・トンボ(南緯45度)が有名で、繁殖期になると50万羽ものマゼランペンギンが集まってきます。また、フォークランド諸島でも繁殖します。

巣は森の中や草原、裸の土地などにもあり、巣が掘りやすいところではトンネルを掘ります。

成鳥は5-8月の殖期以外の時期は、遠洋を移動しており、めったに上陸しません。
9-10月に繁殖地に戻り、10月に卵を2つ産みます。抱卵期間は39-42日間で、雌雄が交代で卵を抱きます。
孵化後29日間は、警護期で片方の親鳥が必ず巣におり、ヒナを守っています。その後、巣立ちまでには40-70日かかります。

場所に対する忠誠度が高く、特定の個体が何年間も同じ場所に巣をもうける場合が多い。つがいの絆は強く、長く続く。

おもに、タンカーや商船などの事故によって流出した原油や重油の影響により、繁殖地によっては個体数が減少しています。
また、開発による繁殖地の環境破壊や漁網による混獲の影響も懸念されています。