次回開催については、2020年1月に発表させていただく予定です。

マゼランペンギンクラフトフェスタ上越
2020年に開催予定の第5回については、当初19年12月中にスケジュールを発表する予定だったのですが、
諸事情により、日程決定が2020年1月に持ち越されることになりました。
発表を楽しみにしていただいていた皆様には、大変申し訳ありませんが、今しばらくお待ち願いますよう、お願いいたします。


「マゼランペンギン クラフトフェスタ上越(マゼフェス)」は、2018年6月にオープンした上越市立水族博物館「うみがたり」と
「日本で一番多くマゼランペンギンがくらすまち・上越市」を盛り上げていくため、
マゼランペンギンや「うみがたり」の生き物をテーマとした手作りアート作品を募り、みんなで一緒に楽しもうというものです。
2016年の初開催以来、4回にわたって開催してまいりました。

ぜひ、120羽ものマゼランペンギンがくらす「うみがたり」とともに、
マゼフェス、そして直江津の街へも足を運んでみてください。

数種類いるペンギンの中でも、マゼランペンギンのつがいは、パートナーへの愛情が深く、絆が強いと言われています。
マゼランペンギンに深い愛情があるように、マゼフェスに参加する誰もが「ペンギン愛」、「うみがたり愛」、
そして、上越市への愛着を育んでいただくことを願っています。

マゼランペンギン クラフトフェスタ上越 実行委員会

実行委員会より

マゼランペンギンのまち直江津

マゼランペンギンとはどんなペンギン?

マゼランペンギンとはどんなペンギン?

マゼランペンギンはつがいの絆が強く、何年も続くと言われていて、巣穴なども毎年同じ場所につくることが多いと言われています。

上越市にとってペンギンとはどんな存在?

上越市にとってペンギンとはどんな存在?

上越の方にとって、ペンギンは、 普段の生活の中では特に意識もしないくらいに、 慣れ親しんだ家族や友人のような存在のようです。

「うみがたり」2018年にオープン

「うみがたり」2018年にオープン

上越市に日本海側を代表する新しい市立水族博物館が誕生しました。目の前に広がる日本海を借景として生かし、遊びながら学べる施設。

マゼランペンギン クラフトフェスタ上越 実行委員会
新潟県上越市五智2丁目15-15
上越市立水族博物館 うみがたり内

お問い合わせはメールにてお願いいたします。
・eMail:info-m@penguinfesta.com